• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“豊洲派”が再整備案にノーも…小池知事のハラは築地存続

 8日、東京・築地市場の移転問題を検証する「市場問題プロジェクトチーム(PT)」の委員が、業者との意見交換会で築地再整備案を提示。工期7年、734億円をかけて再整備し、一方で豊洲の新市場予定地は最大4370億円で売却するというものだ。豊洲移転推進派の“ドン”こと伊藤裕康築地市場協会会長らは会合をボイコットし、PT案に「NO」を突きつけた。

「築地派」と「豊洲派」のバトルは泥沼化しているが、ここ最近は、豊洲移転をよしとする世論がジワジワ増えている。7月の都議選で、小池百合子都知事率いる「都民ファーストの会」との選挙協力を決めた公明党も「移転推進」を明言。小池知事に6月中に判断を下すよう求めている。

 こうなると落としどころは「豊洲移転」かと思いきや、やっぱり小池知事の腹の中は「築地存続」なのだという。

「公明党の『移転推進』発言は、世論に波風を立てないようにするためのポーズですよ。実際は、水面下で豊洲市場の別用途への『転用』プランを調査していて、小池知事とも連絡を取り合っているといいます」(都政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  6. 6

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  7. 7

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  8. 8

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  9. 9

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る