浜矩子氏が見る仏大統領選 「どちらが勝っても懸念残る」

公開日: 更新日:

 フランス大統領選は7日に決選投票を迎える。どちらが勝っても懸念は払拭できません。中道のマクロン氏が優勢ということですが、そうなった場合は、6月にある議会選挙でアンチ・マクロンに票が集まる可能性がある。その票がルペン氏の極右に行かなくても、メランション氏の極左に行くこともある。

 大統領選はひょうたんから駒もありえます。どう逆立ちしてもマクロン氏には投票したくないという若者が少なくないので、大量の棄権が出れば、ルペン氏が勝ってしまう恐れも決して否定できない。非常に緊迫した構図になっています。

「いまや右翼も左翼もない。あるのはグローバル対愛国」

 ルペン氏が選挙戦の当初にこう言っていましたが、いみじくもそういう対立構造になっている。これは非常に危険で、グローバル化が気に食わないと思う人は、みな国家主義にどんどん引き寄せられてしまう。本来であれば一番遠いはずの極右と極左が同じことを言い、その中身は反グローバルです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  6. 6

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  7. 7

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  8. 8

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る