浜矩子氏に聞く 「EU離脱交渉」控える英国の今後の見通し

公開日: 更新日:

 英国のEU離脱交渉が今年3月までに始まる。昨年6月の国民投票当時、英国暮らしが長かった浜矩子・同志社大教授は「離脱が自然だった」と発言していた。欧州で反グローバリズム旋風が吹き荒れる中での英国の特異性と今後の見通し。

メイ首相を悩ませる「英EU離脱」三すくみ状態

 英国でEU離脱に投票したグループは、実は2つに分かれています。それぞれに名前を付けるとすれば、ひとつは「従来型良識的離脱派」。もうひとつは「にわか型発作的離脱派」。このにわか型の極右排外主義政党「イギリス独立党」にだまされた人たちがごっそりいる。

 従来型良識派は決して排外主義ではありません。むしろ、英国は開放的な海洋国であり、多様な人々に英国流の同化を強要せず、抱き留めることに非常に誇りを持っている。それがEUに加盟したことで窮屈になってしまったと感じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る