国際連盟脱退時を彷彿 外務省“国連発言”恣意解釈の危うさ

公開日: 更新日:

 G7に出席した安倍首相と国連のグテレス事務総長との間で約10分間にわたってやりとりされた「会談」をめぐり、国連と日本の外務省がそれぞれ公表した内容の食い違いが鮮明になっている。

 例えば、慰安婦問題に対する談話の内容。外務省はグテレス氏が慰安婦問題に関する日韓合意について「賛意を示すとともに、歓迎する旨述べた」などと発表しているのだが、国連の事務総長報道官はこの内容を否定し、こう“訂正”した。

「事務総長は、慰安婦問題が日本と韓国の合意によって解決されるべきである、ということに賛同した。特定の合意内容については触れていないが、慰安婦問題解決の内容と本質を決めるのは日韓である、と述べた」

 菅官房長官は会見で、国連と日本の公表内容が異なることを質問されると「日本側が発表した通りだ」と反論したが、「違い」はこれだけじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    吉川晃司「探偵・由利麟太郎」はハマり役 ドロドロ感が吉

もっと見る