中間報告はどうした 防衛省狙う日報問題調査の強引幕引き

公開日: 更新日:

「加計学園」問題をめぐる記録文書の再調査が文科省で決まったが、こっちはどうなったのか。

 南スーダンのPKO(国連平和維持活動)に派遣した陸自の「日報問題」調査のことだ。加計問題と同様、世論批判の高まりを受けた防衛省の稲田朋美大臣は「特別防衛監察」による徹底調査を公言。5月連休明けにも「中間報告」を公表する――といわれていたが、いまだ何の報告もない。一体どうなっているのか。

■人事異動後に公表してウヤムヤにするつもり

 自衛隊関係者がこう打ち明ける。

「稲田大臣は今夏の定期人事の後に監察結果を明らかにする方針と聞いています。しかし、この人事の異動対象の中には、日報問題の監察対象者も複数含まれている。真相を知る担当者が異動してしまえば、監察結果の妥当性や正確性に関する国会の議論、調査結果に疑義があった場合の再調査の実施は極めて困難になるのは言うまでもありません。当然、世論で『日報問題の担当者を異動させるな』と批判が高まるでしょう。その時のために想定問答案が考えられているのですが、これがまた驚きの内容で『前任者が後任者にしっかり引き継ぎしたから問題はない』と突っ張るつもりです。はっきり言って国民をバカにしていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る