中間報告はどうした 防衛省狙う日報問題調査の強引幕引き

公開日: 更新日:

「加計学園」問題をめぐる記録文書の再調査が文科省で決まったが、こっちはどうなったのか。

 南スーダンのPKO(国連平和維持活動)に派遣した陸自の「日報問題」調査のことだ。加計問題と同様、世論批判の高まりを受けた防衛省の稲田朋美大臣は「特別防衛監察」による徹底調査を公言。5月連休明けにも「中間報告」を公表する――といわれていたが、いまだ何の報告もない。一体どうなっているのか。

■人事異動後に公表してウヤムヤにするつもり

 自衛隊関係者がこう打ち明ける。

「稲田大臣は今夏の定期人事の後に監察結果を明らかにする方針と聞いています。しかし、この人事の異動対象の中には、日報問題の監察対象者も複数含まれている。真相を知る担当者が異動してしまえば、監察結果の妥当性や正確性に関する国会の議論、調査結果に疑義があった場合の再調査の実施は極めて困難になるのは言うまでもありません。当然、世論で『日報問題の担当者を異動させるな』と批判が高まるでしょう。その時のために想定問答案が考えられているのですが、これがまた驚きの内容で『前任者が後任者にしっかり引き継ぎしたから問題はない』と突っ張るつもりです。はっきり言って国民をバカにしていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  6. 6

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  7. 7

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る