中間報告はどうした 防衛省狙う日報問題調査の強引幕引き

公開日: 更新日:

加計学園」問題をめぐる記録文書の再調査が文科省で決まったが、こっちはどうなったのか。

 南スーダンのPKO(国連平和維持活動)に派遣した陸自の「日報問題」調査のことだ。加計問題と同様、世論批判の高まりを受けた防衛省の稲田朋美大臣は「特別防衛監察」による徹底調査を公言。5月連休明けにも「中間報告」を公表する――といわれていたが、いまだ何の報告もない。一体どうなっているのか。

■人事異動後に公表してウヤムヤにするつもり

 自衛隊関係者がこう打ち明ける。

「稲田大臣は今夏の定期人事の後に監察結果を明らかにする方針と聞いています。しかし、この人事の異動対象の中には、日報問題の監察対象者も複数含まれている。真相を知る担当者が異動してしまえば、監察結果の妥当性や正確性に関する国会の議論、調査結果に疑義があった場合の再調査の実施は極めて困難になるのは言うまでもありません。当然、世論で『日報問題の担当者を異動させるな』と批判が高まるでしょう。その時のために想定問答案が考えられているのですが、これがまた驚きの内容で『前任者が後任者にしっかり引き継ぎしたから問題はない』と突っ張るつもりです。はっきり言って国民をバカにしていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る