• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

口喧嘩でおさまるか 北の核の問題点を公平に論じてみる

互いにカマシを入れ合っている(C)AP

 アメリカと北朝鮮が互いにカマシを入れ合っている。トランプ大統領は北朝鮮が挑発を続ければ「世界が見たことがない炎と怒りを受けることになる」と脅し、北朝鮮は新型中距離弾道ミサイル「火星12」をグアム島周辺、30~40キロの海上水域に4発同時に発射するなどと言い始めた。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事