• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業後、講談社入社。「フライデー」「週刊現代」「月刊現代」などで記者・編集者を務める。現在、「週刊現代」編集次長、明治大学国際日本学部講師(東アジア論)。2009年から2012年まで、講談社(北京)文化有限公司副総経理。「対中戦略」「日中『再』逆転」「中国模式の衝撃」「中国経済『1100兆円破綻』の衝撃」他、著書多数。

愛国映画「中国版ランボー」が大ヒットしている不気味さ

映画「ランボー」主演のシルベスター・スタローン/(C)AP

習近平のスローガンを意識

 中国14億人民が、いま一本の映画に酔いしれている。アクション俳優の呉京(43)が自ら監督&主演を務めた「戦狼2」だ。

 7月27日に中国全土で公開されるや、若者たちが映画館に殺到し、3週間で1844万人を動員。興行収入は50億元(約830億円)を突…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事