「Aアラート」の声も…安倍首相の動静にネット上で熱視線

公開日:

 8月30日に開かれた国会の閉会中審査でヤリ玉に上がった、「安倍首相が北朝鮮のミサイル発射の前日だけ首相公邸に宿泊している」という事実を受け、「Aアラート」なる造語が誕生している。

 安倍首相はそもそも公邸に住まず、ほとんど私邸に帰宅する“公邸嫌い”で有名。しかし、短距離ミサイル3発が日本海に発射された8月26日、ICBMが日本列島を飛び越えた8月29日の前夜はいずれも公邸に帰宅。時事通信社のサイトでも「午前0時現在、公邸。来客なし」と、その動静が伝えられていた。

 8月に首相が公邸に宿泊したのは夏休み期間を除くとこの2日だけ。まるでミサイル発射の兆候をつかんでいたかのようなタイミングに、「安倍総理がどこに泊まるかで北のミサイル発射を予測できるのでは?」と、首相動静を目を皿のようにしてチェックする動きも広がっている。また、首相が公邸に宿泊することをJアラートになぞらえ、“アベ”の頭文字を取って「Aアラート」と呼ぶ動きもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る