「Aアラート」の声も…安倍首相の動静にネット上で熱視線

公開日:

 8月30日に開かれた国会の閉会中審査でヤリ玉に上がった、「安倍首相が北朝鮮のミサイル発射の前日だけ首相公邸に宿泊している」という事実を受け、「Aアラート」なる造語が誕生している。

 安倍首相はそもそも公邸に住まず、ほとんど私邸に帰宅する“公邸嫌い”で有名。しかし、短距離ミサイル3発が日本海に発射された8月26日、ICBMが日本列島を飛び越えた8月29日の前夜はいずれも公邸に帰宅。時事通信社のサイトでも「午前0時現在、公邸。来客なし」と、その動静が伝えられていた。

 8月に首相が公邸に宿泊したのは夏休み期間を除くとこの2日だけ。まるでミサイル発射の兆候をつかんでいたかのようなタイミングに、「安倍総理がどこに泊まるかで北のミサイル発射を予測できるのでは?」と、首相動静を目を皿のようにしてチェックする動きも広がっている。また、首相が公邸に宿泊することをJアラートになぞらえ、“アベ”の頭文字を取って「Aアラート」と呼ぶ動きもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る