• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業後、講談社入社。「フライデー」「週刊現代」「月刊現代」などで記者・編集者を務める。現在、「週刊現代」編集次長、明治大学国際日本学部講師(東アジア論)。2009年から2012年まで、講談社(北京)文化有限公司副総経理。「対中戦略」「日中『再』逆転」「中国模式の衝撃」「中国経済『1100兆円破綻』の衝撃」他、著書多数。

習政権の反腐敗闘争でネット当局トップが“生贄”にされた

習近平主席(左端)と中紀委の趙楽際書記(右端、全人代で)/(C)AP

「反腐敗闘争は永遠に路上にある!」

 先月の第19回共産党大会で、習近平総書記が高らかに宣言して以降、私は毎日夕方6時すぎになると、中央紀律検査委員会のHPをチェックしていた。何せ党大会で、「過去5年で153万7000人もの幹部たちを処分した」と誇っ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事