• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「つらい…」の3日後 昭恵夫人“ユーミンとニコリ”の厚顔

 頭の中ではユーミンの曲が流れていたのだろうか――。今月10日、安倍首相は経済同友会の小林喜光代表幹事らとゴルフを楽しんだ後、夫婦で東京・丸の内の帝国劇場を訪れ、松任谷由実の舞台「朝陽の中で微笑んで」を観賞。舞台終了後、夫妻はパレスホテル東京の中華料理店「琥珀宮」でユーミンと食事を楽しんだ。

 安倍首相はバブル時代の大ヒット映画「私をスキーに連れてって」の監督の馬場康夫氏(ホイチョイ・プロダクションズ社長)と成蹊大からの“お友達”。映画では、「BLIZZARD」「恋人がサンタクロース」「サーフ天国、スキー天国」といったユーミンのヒット曲が挿入歌として流れるが、昭恵夫人も例年、ユーミンの誕生日会に招かれている。

「昭恵夫人は、4年前から“名誉会長”として『私をスキーに連れてかなくても行くわよ』というイベントを主催しています。森友学園の“名誉校長”だった昭恵夫人は今年3月、国有地取得問題が国会で本格的に追及され始めていたにもかかわらず、スキーイベントに参加しました。今シーズンも参加すると聞いています」(イベント関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事