• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まだ間に合うぞ“極寒特需” 関連株29銘柄で懐を温める

 28日、東京都心は34年ぶりとなる7日連続の氷点下の冷え込みだった。2月1日にはまた東京で雪が降る見通しだ。街には、マスク姿の人がカイロを持って歩き、コンビニではおでんや温かい飲み物が飛ぶように売れている。“極寒特需”が発生している。ここは、関連株で懐を温めたい。

「すでに暖房機やエアコンを買った人は多い。これから狙う銘柄は消耗品です。実際に寒さに直面して、カイロやマスク、飲食関係は好調です」(兜町関係者)

 原油価格の高騰で1リットル80円を突破している灯油はどんなに高くても暖を取るためには必需品。「JXTGホールディングス」など元売り各社には追い風だ。

 寒さとインフルエンザの大流行に加え、東日本では2倍の花粉が飛散する見込みだ。マスクは誰もが注目する銘柄。「ユニ・チャーム」「川本産業」に注目。株価が落ちたところで買っておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る