まだ間に合うぞ“極寒特需” 関連株29銘柄で懐を温める

公開日:

 28日、東京都心は34年ぶりとなる7日連続の氷点下の冷え込みだった。2月1日にはまた東京で雪が降る見通しだ。街には、マスク姿の人がカイロを持って歩き、コンビニではおでんや温かい飲み物が飛ぶように売れている。“極寒特需”が発生している。ここは、関連株で懐を温めたい。

「すでに暖房機やエアコンを買った人は多い。これから狙う銘柄は消耗品です。実際に寒さに直面して、カイロやマスク、飲食関係は好調です」(兜町関係者)

 原油価格の高騰で1リットル80円を突破している灯油はどんなに高くても暖を取るためには必需品。「JXTGホールディングス」など元売り各社には追い風だ。

 寒さとインフルエンザの大流行に加え、東日本では2倍の花粉が飛散する見込みだ。マスクは誰もが注目する銘柄。「ユニ・チャーム」「川本産業」に注目。株価が落ちたところで買っておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る