• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4月に酒税法改正 ビールの定義変更で業界はどう変わるか

 来年度の酒税法改正に伴い、ビールの定義が変更されるのをご存じか。定義の変更なんてどうでもいいというなかれ。ビールファンには、大いに関係があるのだ。

 従来のビールの定義は「麦芽比率67%以上」で、使える副原料は「米・麦・とうもろこし等」。それ未満の麦芽比率や規定以外の副原料を使ったものは発泡酒になる。

 麦芽比率が100%近くでも、ハーブや果皮などの副原料を使ったクラフトビールは、商品名はビールでも酒税法上はビールではない。

 それでいて、税率は、麦芽比率50%以上でビールと同じ77円(350ミリリットル換算)。通常の発泡酒は約47円(同)だから、クラフトビール業界が怒るのも当然だろう。

 それが、4月からは「麦芽比率50%以上」で、副原料は「果実や香辛料など」もOKに。多くのクラフトビールが酒税法上も「ビール」と名乗れるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る