• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4月に酒税法改正 ビールの定義変更で業界はどう変わるか

 来年度の酒税法改正に伴い、ビールの定義が変更されるのをご存じか。定義の変更なんてどうでもいいというなかれ。ビールファンには、大いに関係があるのだ。

 従来のビールの定義は「麦芽比率67%以上」で、使える副原料は「米・麦・とうもろこし等」。それ未満の麦芽比率や規定以外の副原料を使ったものは発泡酒になる。

 麦芽比率が100%近くでも、ハーブや果皮などの副原料を使ったクラフトビールは、商品名はビールでも酒税法上はビールではない。

 それでいて、税率は、麦芽比率50%以上でビールと同じ77円(350ミリリットル換算)。通常の発泡酒は約47円(同)だから、クラフトビール業界が怒るのも当然だろう。

 それが、4月からは「麦芽比率50%以上」で、副原料は「果実や香辛料など」もOKに。多くのクラフトビールが酒税法上も「ビール」と名乗れるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る