4月に酒税法改正 ビールの定義変更で業界はどう変わるか

公開日: 更新日:

 来年度の酒税法改正に伴い、ビールの定義が変更されるのをご存じか。定義の変更なんてどうでもいいというなかれ。ビールファンには、大いに関係があるのだ。

 従来のビールの定義は「麦芽比率67%以上」で、使える副原料は「米・麦・とうもろこし等」。それ未満の麦芽比率や規定以外の副原料を使ったものは発泡酒になる。

 麦芽比率が100%近くでも、ハーブや果皮などの副原料を使ったクラフトビールは、商品名はビールでも酒税法上はビールではない。

 それでいて、税率は、麦芽比率50%以上でビールと同じ77円(350ミリリットル換算)。通常の発泡酒は約47円(同)だから、クラフトビール業界が怒るのも当然だろう。

 それが、4月からは「麦芽比率50%以上」で、副原料は「果実や香辛料など」もOKに。多くのクラフトビールが酒税法上も「ビール」と名乗れるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  5. 5

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る