4月に酒税法改正 ビールの定義変更で業界はどう変わるか

公開日:

 来年度の酒税法改正に伴い、ビールの定義が変更されるのをご存じか。定義の変更なんてどうでもいいというなかれ。ビールファンには、大いに関係があるのだ。

 従来のビールの定義は「麦芽比率67%以上」で、使える副原料は「米・麦・とうもろこし等」。それ未満の麦芽比率や規定以外の副原料を使ったものは発泡酒になる。

 麦芽比率が100%近くでも、ハーブや果皮などの副原料を使ったクラフトビールは、商品名はビールでも酒税法上はビールではない。

 それでいて、税率は、麦芽比率50%以上でビールと同じ77円(350ミリリットル換算)。通常の発泡酒は約47円(同)だから、クラフトビール業界が怒るのも当然だろう。

 それが、4月からは「麦芽比率50%以上」で、副原料は「果実や香辛料など」もOKに。多くのクラフトビールが酒税法上も「ビール」と名乗れるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る