国交省調査で判明 雪に最も強いのは大江戸線で最弱は?

公開日: 更新日:

 雪に弱い東京は、22日の大雪で鉄道網がマヒ。間引き運転も重なって、いつもの2~3倍の時間をかけて通勤した人も少なくなかっただろうが、間引き率は鉄道会社によって違う。降雪時に強い鉄道会社はどこか。

 参考になるのが、国交省が2年前の1月22日に開いた「首都圏における降雪時の鉄道旅客輸送に関する連絡会議」だ。その4日前、東京は6センチの積雪を記録。今回と比べると大したことはなかったが、それでも遅延が相次いだため、国交省はJR東や私鉄8社、東京都交通局、東京メトロの担当者を集めて降雪時の対応を協議したのだ。

 間引き運転をしなかったのは、都営大江戸線。都営はほかの地下鉄3線と地上を走る2線も8割前後をキープ。雪への強さがうかがえる。

 沿線が人気の東急は、目黒線と世田谷線が10割と強さを見せたが、池上線と多摩川線は4割に低下。全線とも最高時速を40キロ以下に制限。速度規制を敷いた中で最も厳しい。複数の架線切断の影響で運行を3割程度に減らした京王線が実施した速度規制より5キロも遅いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る