国交省調査で判明 雪に最も強いのは大江戸線で最弱は?

公開日:

 雪に弱い東京は、22日の大雪で鉄道網がマヒ。間引き運転も重なって、いつもの2~3倍の時間をかけて通勤した人も少なくなかっただろうが、間引き率は鉄道会社によって違う。降雪時に強い鉄道会社はどこか。

 参考になるのが、国交省が2年前の1月22日に開いた「首都圏における降雪時の鉄道旅客輸送に関する連絡会議」だ。その4日前、東京は6センチの積雪を記録。今回と比べると大したことはなかったが、それでも遅延が相次いだため、国交省はJR東や私鉄8社、東京都交通局、東京メトロの担当者を集めて降雪時の対応を協議したのだ。

 間引き運転をしなかったのは、都営大江戸線。都営はほかの地下鉄3線と地上を走る2線も8割前後をキープ。雪への強さがうかがえる。

 沿線が人気の東急は、目黒線と世田谷線が10割と強さを見せたが、池上線と多摩川線は4割に低下。全線とも最高時速を40キロ以下に制限。速度規制を敷いた中で最も厳しい。複数の架線切断の影響で運行を3割程度に減らした京王線が実施した速度規制より5キロも遅いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る