久しぶりトラック衝突 神戸vs任侠「山口組」分裂抗争激化

公開日: 更新日:

 久しぶりのカチコミか――?

 8日、大阪市西区の7階建てマンションの1階にある任侠山口組系暴力団事務所に4トン車が突っ込んだ。午前2時半ごろのことで、運転手は逃走。事務所は無人だった。

 任侠山口組は昨年、神戸山口組から分裂。9月に織田絆誠代表が神戸側のヒットマンに襲撃され、ボディーガードが射殺される事件が起きた。今回、クルマに突っ込まれた組織も神戸から任侠に鞍替えしたばかりだったため、分裂抗争ではないかとみられている。

 暴力団に詳しいジャーナリストの鹿島一男氏が言う。

「昨年秋から今年にかけて神戸系の下部組織が次々と脱退して任侠側に移っているのです。脱退した組は大阪が2つ、東京が1つ、北海道が1つ。その裏には織田代表の引き抜き工作がある。あちこちの神戸側組織に『ウチの上納金は毎月10万円ぽっち。こちらに移ってこないか』と声を掛けているのです。服役中の幹部との面会までしてスカウトしているというから徹底しています。いまや任侠の構成員は500人以上。傘下の組織を次々と持っていかれて、神戸側は我慢の限界に達しているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る