利用者が提訴も コインチェック契約解除で資産は戻るのか

公開日:

 ついに利用者がコインチェックを訴えた。仮想通貨「NEM」の流出後、顧客の提訴が明らかになったのは初めてだ。

 訴えたのは30代の男性会社員。

 男性は流出発覚前の昨年12月以降、仮想通貨「リップル」を計60万円分以上購入し、そのまま預けていたが、コインチェックは流出が発覚した1月26日、すべての仮想通貨と日本円の出金を停止してしまった。男性は出金停止は契約違反だとして、契約解除と購入費用の返還を申し入れたが返答はないという。

 男性はやむにやまれなかったようだ。なにしろ、ほかの仮想通貨と同様「リップル」も連日下落を続けているのに、“取引”ができないため、売るに売れず、自分の資産がガタ減りするのを黙って見ているしかなかったからだ。

 1月1日、1リップルは232円だったが、2月5日には77円と3分の1になっている。流出事件が発覚した1月26日は128円だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る