利用者が提訴も コインチェック契約解除で資産は戻るのか

公開日: 更新日:

 ついに利用者がコインチェックを訴えた。仮想通貨「NEM」の流出後、顧客の提訴が明らかになったのは初めてだ。

 訴えたのは30代の男性会社員。

 男性は流出発覚前の昨年12月以降、仮想通貨「リップル」を計60万円分以上購入し、そのまま預けていたが、コインチェックは流出が発覚した1月26日、すべての仮想通貨と日本円の出金を停止してしまった。男性は出金停止は契約違反だとして、契約解除と購入費用の返還を申し入れたが返答はないという。

 男性はやむにやまれなかったようだ。なにしろ、ほかの仮想通貨と同様「リップル」も連日下落を続けているのに、“取引”ができないため、売るに売れず、自分の資産がガタ減りするのを黙って見ているしかなかったからだ。

 1月1日、1リップルは232円だったが、2月5日には77円と3分の1になっている。流出事件が発覚した1月26日は128円だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る