利用者が提訴も コインチェック契約解除で資産は戻るのか

公開日:

 ついに利用者がコインチェックを訴えた。仮想通貨「NEM」の流出後、顧客の提訴が明らかになったのは初めてだ。

 訴えたのは30代の男性会社員。

 男性は流出発覚前の昨年12月以降、仮想通貨「リップル」を計60万円分以上購入し、そのまま預けていたが、コインチェックは流出が発覚した1月26日、すべての仮想通貨と日本円の出金を停止してしまった。男性は出金停止は契約違反だとして、契約解除と購入費用の返還を申し入れたが返答はないという。

 男性はやむにやまれなかったようだ。なにしろ、ほかの仮想通貨と同様「リップル」も連日下落を続けているのに、“取引”ができないため、売るに売れず、自分の資産がガタ減りするのを黙って見ているしかなかったからだ。

 1月1日、1リップルは232円だったが、2月5日には77円と3分の1になっている。流出事件が発覚した1月26日は128円だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る