コインチェック事件でちらくつ闇サイト 一般人の背後にも

公開日:

 580億円相当の仮想通貨NEMが流出したコインチェック事件の“犯人”は、「ダークウェブ(闇サイト)」で換金を画策している可能性があると報じられた。

 ダークウェブとは、発信元を特定できないようにする“匿名化ソフト”を使わないと閲覧できない闇サイトの総称。要するに、匿名で違法なモノを売買できる通販サイトみたいなものだ。

「この5~6年で急拡大し、世界各国の麻薬組織も、ダークウェブで直接取引するようになりつつある。仲介者を挟まず、じかに売買した方が情報漏れのリスクが減り、足がつきにくくなる。そのぶん捜査は難しくなってきています」(警察関係者)

 “犯罪の温床”とされているが、昨年7月、世界最大といわれた闇サイトが米司法省などに摘発された。

「その『アルファベイ』では、麻薬や毒物などが25万件以上“出品”されていた。取引には仮想通貨も使われ、麻薬以外にも資金洗浄や殺人を請け負ったり、偽造パスポートや拳銃、ロケットランチャーまで売られていたそうです。すぐに閉鎖されましたが、売り手は4万人、利用者は20万人以上いたらしい」(前出の警察関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る