• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コインチェック事件でちらくつ闇サイト 一般人の背後にも

 580億円相当の仮想通貨NEMが流出したコインチェック事件の“犯人”は、「ダークウェブ(闇サイト)」で換金を画策している可能性があると報じられた。

 ダークウェブとは、発信元を特定できないようにする“匿名化ソフト”を使わないと閲覧できない闇サイトの総称。要するに、匿名で違法なモノを売買できる通販サイトみたいなものだ。

「この5~6年で急拡大し、世界各国の麻薬組織も、ダークウェブで直接取引するようになりつつある。仲介者を挟まず、じかに売買した方が情報漏れのリスクが減り、足がつきにくくなる。そのぶん捜査は難しくなってきています」(警察関係者)

 “犯罪の温床”とされているが、昨年7月、世界最大といわれた闇サイトが米司法省などに摘発された。

「その『アルファベイ』では、麻薬や毒物などが25万件以上“出品”されていた。取引には仮想通貨も使われ、麻薬以外にも資金洗浄や殺人を請け負ったり、偽造パスポートや拳銃、ロケットランチャーまで売られていたそうです。すぐに閉鎖されましたが、売り手は4万人、利用者は20万人以上いたらしい」(前出の警察関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る