• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

消えない傷あと 福島移住の柳美里氏が触れた被災者の思い

 11日で東日本大震災から7年。東京電力福島第1原発はいまだに汚染水をコントロールできず、廃炉の方法すら分からない。警戒区域や避難区域が徐々に解除され、日常は戻ってきているが……。原発から20キロ圏内の福島県南相馬市に震災後移り住んだ芥川賞作家の柳美里氏に、住んだからこそ分かる被災地の課題や被災者心理などを聞いた。

■南相馬の文化、風土、気質に惚れた

  ――震災から4年後の2015年に南相馬市に移住されました。きっかけは何だったのでしょう?

 話せば長くなるんですが、一言で言えば臨時災害放送の収録のためです。私が最初に南相馬を訪れたのは2011年4月21日。枝野幸男官房長官の「翌22日をもって原発から半径20キロ圏内を『警戒区域』に指定する」という発表を聞いたとき、立ち入り禁止になる前に町を見ておかなければ今後、町の人と関わるときに話ができなくなると思ったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る