米朝首脳会談と日本の行方は 東京新聞・五味洋治氏に聞く

公開日: 更新日:

 北朝鮮を取り巻く状況がめまぐるしく動いている。平昌五輪を機に南北交流が再開。11年ぶりの南北首脳会談、史上初の米朝首脳会談が実現しようとしている。金正恩朝鮮労働党委員長は国際社会が求める非核化に応じる用意があるのか。圧力一辺倒の日本は蚊帳の外に置かれたままなのか。

 新著「金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて」(文藝春秋)が話題の朝鮮半島情勢の第一人者である、東京新聞論説委員の五味洋治氏に聞いた。

■中国を引き入れた絶妙なタイミング

  ――金正恩委員長は電撃訪中し、習近平国家主席と会談しました。2011年のトップ就任以来、初外遊です。

 絶妙なタイミングでした。伝統的友好国の中国との関係を回復させ、南北、米朝会談に強い立場で臨めるようになった。中国は以前から金正恩委員長を招いていたはずで、この時期になったのは北朝鮮の意向でしょう。米国の大統領補佐官(国家安全保障担当)に爆撃容認論者のボルトン元国連大使が内定したのをにらみ、中国の支援取り付けに動いたのだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  2. 2

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

もっと見る