老人孤独の歯止めになるか 高齢者用シェアハウスの懸念点

公開日: 更新日:

 若者が集うイメージがあるシェアハウスだが、最近は「高齢者用」も出始めている。

 福島県伊達市では2015年から、高齢者用のシェアハウスを運営。同市の高齢化率は34.0%と全国的に見ても高く、独居老人の孤立を防ぎ、“疑似家族”として支え合う暮らしを目指しているという。

 このシェアハウスは平屋建てで、1DKと2DKの個室が各3部屋、その他に共用のリビングとキッチン。入居者は60歳以上で、家賃は1DKが月1万2600円、2DKが同1万6500円。

 今のところ入居者には「親戚みたいな付き合いができて楽しい。老後を過ごすには最高」(72歳女性)などと好評というが、“疑似家族”までには至っていないようだ。

 入居者同士の交流は進んでいるが、食事はまだ、それぞれの部屋で取ることが多いらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  4. 4

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    ピントずれのコロナ対策 消費減税でデフレスパイラル加速

  8. 8

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  9. 9

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る