老人孤独の歯止めになるか 高齢者用シェアハウスの懸念点

公開日: 更新日:

 若者が集うイメージがあるシェアハウスだが、最近は「高齢者用」も出始めている。

 福島県伊達市では2015年から、高齢者用のシェアハウスを運営。同市の高齢化率は34.0%と全国的に見ても高く、独居老人の孤立を防ぎ、“疑似家族”として支え合う暮らしを目指しているという。

 このシェアハウスは平屋建てで、1DKと2DKの個室が各3部屋、その他に共用のリビングとキッチン。入居者は60歳以上で、家賃は1DKが月1万2600円、2DKが同1万6500円。

 今のところ入居者には「親戚みたいな付き合いができて楽しい。老後を過ごすには最高」(72歳女性)などと好評というが、“疑似家族”までには至っていないようだ。

 入居者同士の交流は進んでいるが、食事はまだ、それぞれの部屋で取ることが多いらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る