詐欺業者も横行 サラリーマン大家の“儲け話”に騙されない

公開日: 更新日:

 女性用シェアハウスを運営していた「スマートデイズ」が経営破綻した。同社から投資の勧誘を受けて建設資金を提供していた約700人のオーナーが、家賃収入を得られずに借金を抱えることになる。その多くは会社員で、長期の家賃収入を見込んでいたという。

 ここ数年、サラリーマン大家ブームとなっている。「スマートデイズ」のような共同購入から、アパート1棟、マンション1室などケースは違えど副業として不動産投資を行っているのだ。なかには脱サラして本業にする人までいる。日銀の「貸出先別貸出金」(2017年9月)によると、個人による貸家業向けの国内銀行の総貸出(アパートローンを含む)は、前年同期比3・5%増の23兆円と膨らんだ。

 そんなブームの裏側で詐欺に近い業者も少なくない。「元手資産が少なくても始められる」とうたう業者やメディアなどに取り上げられる“有名大家”の成功例にだまされるサラリーマンもいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    五輪運営関係者は観客ではない? 上手いこというね…なんていうわきゃないだろ!

もっと見る