シェアハウス業界打撃 運営会社が賃借料支払い停止の波紋

公開日:

「夢を持って上京するシンデレラを応援する」

 そんな“甘い言葉”で入居者を集めていた女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社「スマートデイズ」(東京都中央区)が物件のオーナーに対する今月の賃借料の支払いを突然停止し、大パニックになっている。

 あらましはこうだ。

 2012年8月創業のスマート社は、不動産投資で副収入を得たいサラリーマンらにシェアハウス用の物件を売り、それを一括して借り上げ、女子学生らに部屋を貸し、家賃収入から物件のオーナーに賃借料を支払ってきたはずだった。

 サブリース、つまり“また貸し”で儲けてきたはずだった。

「スマート社は賃借料の定額保証をうたってオーナーを安心させ、投資を呼び込んできた。今ではオーナー数百人、総部屋数は1万を超える。ベッキーを使ってCMも打っていた。13年7月期の売上高4億4500万円から、17年3月期にはナント316億円超えと急成長を遂げてきたのに、昨年10月、オーナーへの支払い減額を一方的に通告。そして今月12日にいきなり社長が交代し、その上、支払い停止です。多額の借金をして投資しているオーナーも多い。返済に困りそうだとなれば、パニックにもなりますよ」(調査会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る