シェアハウス業界打撃 運営会社が賃借料支払い停止の波紋

公開日: 更新日:

「夢を持って上京するシンデレラを応援する」

 そんな“甘い言葉”で入居者を集めていた女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社「スマートデイズ」(東京都中央区)が物件のオーナーに対する今月の賃借料の支払いを突然停止し、大パニックになっている。

 あらましはこうだ。

 2012年8月創業のスマート社は、不動産投資で副収入を得たいサラリーマンらにシェアハウス用の物件を売り、それを一括して借り上げ、女子学生らに部屋を貸し、家賃収入から物件のオーナーに賃借料を支払ってきたはずだった。

 サブリース、つまり“また貸し”で儲けてきたはずだった。

「スマート社は賃借料の定額保証をうたってオーナーを安心させ、投資を呼び込んできた。今ではオーナー数百人、総部屋数は1万を超える。ベッキーを使ってCMも打っていた。13年7月期の売上高4億4500万円から、17年3月期にはナント316億円超えと急成長を遂げてきたのに、昨年10月、オーナーへの支払い減額を一方的に通告。そして今月12日にいきなり社長が交代し、その上、支払い停止です。多額の借金をして投資しているオーナーも多い。返済に困りそうだとなれば、パニックにもなりますよ」(調査会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る