KYB免震データ改ざんで東京五輪にも暗雲…複数施設に設置

公開日: 更新日:

 油圧機器大手のKYBによる免震データ改ざん問題で、2020年の東京五輪にも暗雲だ。

 不正の疑いがある製品も含めると、装置の交換が必要な建物は全国で1000件以上に上り、複数の五輪施設にも問題の装置が設置されていることが分かった。これまでに設置が判明している五輪施設は、水泳の競泳会場オリンピックアクアティクスセンター(江東区辰巳)とバレーボール会場の有明アリーナ(同区有明)の2施設。調査が進めば、さらに増える可能性もある。

 一方、装置を製造する子会社のカヤバシステムマシナリーの生産能力は月産100本程度。同社では生産能力を5倍に引き上げる予定だが、交換が必要な装置は約1万1000本ある。すべての交換が終了するのは20年9月ごろ。五輪開催は同年7月。五輪施設は間に合うのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  5. 5

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る