普天間飛行場の辺野古移設の賛否 来春までに県民投票実施

公開日: 更新日:

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票条例案が24日、県議会の米軍基地関係特別委員会で可決された。条例案は26日の本会議で可決・成立する見込み。実施時期は公布から6カ月以内と定められており、玉城デニー知事の判断で来春までに県民投票が実施される。

 県民投票の実施は、大学生らでつくる市民団体が9万2848筆の署名を集め、県に9月の県議会への提出を直接請求した。県政野党の自民や公明は賛否のほか、「やむを得ない」「どちらとも言えない」を加えた4択とする案を提出したが、否決された。

 投票結果に法的拘束力はないが、玉城知事は今月の県議会で「改めて民意を問うことは意義がある」と表明。民意の後押しで、政府と県が激しく対立する辺野古移設計画に影響を与える可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る