宮腰沖縄北方相に談合企業から3年間の献金 36万円を返還へ

公開日:  更新日:

 宮腰光寛沖縄・北方担当大臣が代表を務める政治団体「自民党富山県第2選挙区支部」が、談合で行政処分を受けた企業から献金を受けていたことが同支部の政治資金収支報告書で分かった。

 献金していたのは富山県黒部市の電気工事業者。関西電力発注の送電線工事で談合をしていたとして、2014年に公正取引委員会から独禁法違反による排除措置と213万円の課徴金納付を命じられていた。献金は14~16年の3年間に毎年12万円ずつ計36万円。

 宮腰大臣の事務所は、この業者が行政処分を受けた事実を知らなかったとしたうえで、「受け取った献金を返還することで業者と合意した」とコメントを出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る