上院勝利でトランプ強気 習近平と板挟みで安倍首相“悶絶”

公開日: 更新日:

 米中間選挙は最終盤でトランプ大統領の共和党が追い上げを見せた。下院こそ民主党に多数派を奪還されたが、上院は共和党が多数派を維持した。貿易問題での中国への強硬姿勢などが支持拡大の一因だ。米議会は4年ぶりにねじれ状態となるものの、トランプは「今夜はとてつもない成功を収めた」と強気の姿勢を崩していない。

 トランプの次の“照準”は2年後の大統領選。支持の源泉とも言える強硬な対中姿勢はそのままに、日本にも同調を求めてくるに違いない。日中融和に踏み出した安倍首相はどうするのか。米中の板挟みで悶絶するんじゃないか。

  ◇  ◇  ◇

 先月26日の日中首脳会談後、「3原則」をめぐってスッタモンダがあった。

 安倍首相は「競争から協調へ」「互いに脅威とならない」「自由で公正な貿易体制を発展」という「3つの原則を確認した」とテレビ出演で明言、首相官邸のフェイスブックにも書き込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る