豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

公開日: 更新日:

 腐敗臭が漂い、床は陥没――。オープンから1カ月の豊洲市場で最悪の事故が発生した。市場内を行き交うターレ(小型トラック)の走行中、荷台に乗っていた女性が振り落とされて重傷を負ったのだ。事故現場を目撃した市場関係者によると、現場は“血の海”だったという。6000億円もの巨費を投じて整備した新市場は、早くも存在価値自体が問われる事態に追い込まれている。

■「大きな血だまりができていた」

 事故は15日午前8時すぎに発生。水産仲卸売場棟がある7街区から、青果棟が立つ5街区へとつながる屋外の道路から左に曲がるカーブ付近で起きた。ターレの荷台に乗っていた70代女性が転落して頭部を強打し、病院に救急搬送されたのだ。一部報道によると、女性は搬送時、意識を失っていたという。本紙記者が現場を目撃した市場関係者に話を聞くと、動揺した様子でこう打ち明けた。

「事故現場にはワンボックス型の警察車両が4~5台駆け付けていて、人だかりができていたので何事かとビックリしました。遠くから見ても大きな血だまりができていることが分かるほど。とにかく、ハンパない出血量で怖かった。物好きな同僚が見に行ったんですが、戻ってきた様子を見ると顔面蒼白。震えながら『見なきゃよかった』と言い、『倒れている人はガーッとイビキをかいて眠るように倒れていた』とも言っていました。脳出血を起こした人はイビキをかくように呼吸すると聞いたことがあったので、相当な大ケガだと思った。仲間らと、『助からないかも』と心配していました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?