突然の“脅迫文書” 小池知事が豊洲移転慎重派の業者を弾圧

公開日: 更新日:

 豊洲市場の開場から約1カ月が経過した。新市場のあり方に疑問を感じている業者は今なお多く残っているが、そんな移転慎重派の業者に対し、小池百合子都知事がついに「どけ」とばかりに“脅迫文書”を送付。弾圧し始めた。

 日刊ゲンダイが入手した文書は10月31日付。差出人は小池知事で、宛先は市場移転に慎重姿勢を取り続けてきた東京中央市場労組の中澤誠執行委員長。文書では〈都は、築地市場の閉鎖に伴う原状回復義務の免除等について平成30年8月20日付(略)通知したところです。あなたは、原状回復を行うとして原状回復義務の免除等の申請をしませんでしたが、平成30年10月31日現在、市場施設の原状回復及び返還がなされていない〉などとし、〈市場施設(豊洲市場)の使用の全部停止30日〉との行政処分をチラつかせて今月8日までに弁明書の提出を要求している。

 中澤氏は問題山積の豊洲市場に不安を覚え、先月11日の豊洲市場開場以降、抗議の意思から築地市場に備品を置いている。都の強硬姿勢に中澤氏はこう憤る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る