室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

統計不正問題 いま騒がなければ盲目的な安倍応援団と同じ

公開日: 更新日:

「今回はさほど大きな問題ではないように今のところ思う」(自民党国対委員長・森山裕)

 問題とは、厚労省の「毎月勤労統計」の不正問題ね。今月28日から6月26日の150日間、国会が開会するから。

 安倍内閣、最大のピンチ! ……ん、そうでもないの? 森山センセの冒頭の感じだと。

 問題も、ひとつだけじゃなく、それにまみれているわけで、もうどうってことないってか。

 たとえば奇麗なトイレがちょっとでも汚れていると気になる。商業施設なら、そこで働いている人に「汚れていますよ」と教えるだろう。

 けれど、汚い施設の汚いトイレは、汚れていてもしょうがないと思い用を足してしまわないか。意識の低い従業員に苦情をいっても「は? じゃ、他所いって」といわれそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  2. 2

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  3. 3

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

もっと見る