在日米軍機の騒音賠償 米踏み倒しで日本が150億円肩代わり

公開日: 更新日:

 在日米軍機の騒音訴訟を巡り、米国が周辺住民への損害賠償金の支払いを拒否し、日本政府が少なくとも150億円を肩代わりしていることが分かった。7日の東京新聞が報じた。

 2016年の第4次厚木基地騒音訴訟の最高裁判決までに確定した賠償額は、遅延損害金を含め計335億円。日米地位協定では、米国のみに責任がある場合は米側75%、日本側25%を負担し、双方に責任がある場合は均等負担を規定。ところが、実際は日本側が全額負担している状態だ。

 基地騒音賠償を巡っては14年当時、日本は少なくとも100億円を肩代わりしていた。わずか4年余りで1・5倍に膨張。確定した損害賠償額と2審で係争中の賠償額を合わせると700億円近くに上り、肩代わり額はさらに膨らむ見通しだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る