イランと露で航空機墜落 パイロットの技量低下を指摘の声

公開日:

 今月18日、アセマン航空機(イラン)が墜落して乗員乗客66人全員が死亡した。さかのぼること1週間前、サラトフ航空機(ロシア)が墜落して、やはり乗員乗客71人全員が死亡している。

 飛行機事故に遭遇する確率は、米国家運輸安全委員会によると、0.0009%。約10万回に1回の割合で、週1回飛行機に乗る人でも2000年に1回あるかないかだ。だが、航空業界には「事故は連チャンする」という妙なジンクスもある。代表的なところでは、大きな事故だけでも11件発生した1985年で、中でも8月12日の日航ジャンボ(御巣鷹山事故)が有名だ。なぜ事故は続くのか?

「今回の2つの事故は、古い機体やパイロットの技量が原因につながったと考えられます。ロシアの事故ではピトー管と呼ばれる速度計が寒さで凍結し、失速して墜落した可能性があるでしょう。最新鋭機のピトー管は自動ヒーティングですが、古い機種は手動になっていて、パイロットが操作を忘れた可能性があるのです」(元JALパイロットで航空評論家の杉江弘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る