• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イランと露で航空機墜落 パイロットの技量低下を指摘の声

 今月18日、アセマン航空機(イラン)が墜落して乗員乗客66人全員が死亡した。さかのぼること1週間前、サラトフ航空機(ロシア)が墜落して、やはり乗員乗客71人全員が死亡している。

 飛行機事故に遭遇する確率は、米国家運輸安全委員会によると、0.0009%。約10万回に1回の割合で、週1回飛行機に乗る人でも2000年に1回あるかないかだ。だが、航空業界には「事故は連チャンする」という妙なジンクスもある。代表的なところでは、大きな事故だけでも11件発生した1985年で、中でも8月12日の日航ジャンボ(御巣鷹山事故)が有名だ。なぜ事故は続くのか?

「今回の2つの事故は、古い機体やパイロットの技量が原因につながったと考えられます。ロシアの事故ではピトー管と呼ばれる速度計が寒さで凍結し、失速して墜落した可能性があるでしょう。最新鋭機のピトー管は自動ヒーティングですが、古い機種は手動になっていて、パイロットが操作を忘れた可能性があるのです」(元JALパイロットで航空評論家の杉江弘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

もっと見る