桜田辞任が新たな火種 二階幹事長vs麻生財務相で対立激化

公開日: 更新日:

 これまで何度も失言を繰り返してきた桜田前五輪相。「復興より議員が大事」という信じられない発言は、さすがに傲慢政権もかばいきれなかった。選挙への影響を最小限にするため、早期の更迭で事態の収拾を急いだが、「桜田切り」は政権内の亀裂を深める結果になりそうだ。

 10日夜、自民党の高橋比奈子議員のパーティーで挨拶に立った桜田氏は、「復興以上に大事なのは高橋さんでございます」とかました。高橋が被災地の岩手出身だと触れた上での発言だから、無神経にも程があるというものだ。

 発言の直後から、官邸は対応を協議。同日午後9時前に桜田氏は安倍首相に辞表を提出した。辞任は当然だが、問題の発言から、わずか2時間ほどで事実上の更迭という素早さだった。桜田氏が所属する自民党二階派の関係者が言う。

「たしかに不適切な発言ですが、すぐさま官邸に『桜田氏を切るべきだ』と“ご注進”した人物がいる。二階派としては、後任者も二階派から出せるのか官邸に“お伺い”を立てたのですが、一蹴されたそうです。二階派の入閣候補は平沢勝栄衆院議員でした。平沢さんは安倍首相が小学生の頃に家庭教師をしていた縁があるのに、当選8回を重ねても入閣させてもらえない待機組。安倍政権の間は入閣は難しいという声がありますが、内閣改造ではなくピンチヒッターならば可能性があった。念願の入閣チャンスは、またしても露と消えてしまいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る