霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

公開日: 更新日:

 蔓延する政権への忖度を打破できるのか――。恒例の霞が関「7月人事」の動きが、水面下で本格化。今年は参院選があるので月内に幹部人事もおおかた片づく予定だが、注目は金融庁トップ人事。“軽井沢の変人”が留任するか否かが、忖度文化の試金石となる。

 ◇  ◇  ◇

「2つの銀行が倒産しない形になって良かった」

 昨年8月末の会見で麻生金融相はそう言うと、ほくそ笑んだ。公正取引委員会が「ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)」と十八銀行(長崎県)の経営統合を承認。2016年2月の発表から2年半も「塩漬け」となっていた計画を渋々了承したのだ。

「FFGは長崎地盤の親和銀を傘下に置き、十八銀との統合で県内企業向け融資シェアは7割超に達することに、公取委は独禁法違反を懸念。審査は難航し、異例の3期も務めた森信親前金融庁長官でも決着できなかった」(金融行政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る