白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

公開日: 更新日:

 白血病の新型治療薬「キムリア」に対する公的医療保険の適用が22日から始まった。

 既存の治療法では効かなかった一部の白血病患者に効果が期待されるキムリア。投与は1回で済むが、価格は3349万円と、1回当たりの薬価としては過去最高。

 公的保険を適用すれば、患者の自己負担は最高額でも60万円程度になる。白血病患者や家族にとって、待望の保険適用スタートだ。

 今年2月、競泳の池江璃花子選手が白血病と診断されたことを公表したこともあって、“特効薬”に関心を持った国民も多いはずだ。

 ところが、麻生太郎財務相が保険適用にケチをつけている。適用開始を翌日に控えた21日、記者団にこう言い放った。

「よく言われる費用対効果。高額の医療をやって存命された存命期間が何年です? 大体、数カ月。そのために数千万の金が必要なんですかと、よく言われる話ですが」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

もっと見る