安井裕司
著者のコラム一覧
安井裕司日本経済大学教授

1970年、栃木県生まれ。法大社会学部卒、バーミンガム大学国際政治学部博士課程修了、国際政治学博士。2013年から現職。14年以降、神戸ユネスコ協会理事としてカンボジア、ネパール、モンゴルなどで留学生とともにボランティア活動に従事し、フィールドワークを実施。日本経済大学教授。

日本が経済的優位を失えば外国人の特定技能は役割を終える

公開日: 更新日:

 入管法改正を受け、日本に単純労働者を送り出す9カ国のうち、この2月からベトナム、ミャンマー、タイ、インドネシア、カンボジア、フィリピンを実際に回ってきた。

 各国は経済状況も宗教も言語も異なるが、日本で働きたい若者は多いように見受けられた。

 彼らは大変、親日的だ。さらに首都を中心に日本語学習熱が高まっている。経済成長を遂げながらも国内の経済格差は著しく、平均年齢が日本より若いという共通点もあった。何より現地での賃金が安く、日本に行けば稼げることが、若者を日本に導く最大のインセンティブとなっている。

 興味深いのは、各国とも日本語を学びながら単純労働に興味を示さないエリート層も生み出していることだ。彼らは、日本への留学は希望しても、単純労働には概して興味がない。同時に一部の国の首都で暮らす貧困層や経済発展が緩やかな地方には、日本語を学び単純労働でも立身出世を夢見る若者は少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る