安井裕司
著者のコラム一覧
安井裕司日本経済大学教授

1970年、栃木県生まれ。法大社会学部卒、バーミンガム大学国際政治学部博士課程修了、国際政治学博士。2013年から現職。14年以降、神戸ユネスコ協会理事としてカンボジア、ネパール、モンゴルなどで留学生とともにボランティア活動に従事し、フィールドワークを実施。日本経済大学教授。

日本が経済的優位を失えば外国人の特定技能は役割を終える

公開日: 更新日:

 入管法改正を受け、日本に単純労働者を送り出す9カ国のうち、この2月からベトナム、ミャンマー、タイ、インドネシア、カンボジア、フィリピンを実際に回ってきた。

 各国は経済状況も宗教も言語も異なるが、日本で働きたい若者は多いように見受けられた。

 彼らは大変、親日的だ。さらに首都を中心に日本語学習熱が高まっている。経済成長を遂げながらも国内の経済格差は著しく、平均年齢が日本より若いという共通点もあった。何より現地での賃金が安く、日本に行けば稼げることが、若者を日本に導く最大のインセンティブとなっている。

 興味深いのは、各国とも日本語を学びながら単純労働に興味を示さないエリート層も生み出していることだ。彼らは、日本への留学は希望しても、単純労働には概して興味がない。同時に一部の国の首都で暮らす貧困層や経済発展が緩やかな地方には、日本語を学び単純労働でも立身出世を夢見る若者は少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

もっと見る