安井裕司
著者のコラム一覧
安井裕司日本経済大学教授

1970年、栃木県生まれ。法大社会学部卒、バーミンガム大学国際政治学部博士課程修了、国際政治学博士。2013年から現職。14年以降、神戸ユネスコ協会理事としてカンボジア、ネパール、モンゴルなどで留学生とともにボランティア活動に従事し、フィールドワークを実施。日本経済大学教授。

【フィリピン】 貧困層では日本語学習が立身出世の近道

公開日: 更新日:

 外国人の新在留資格「特定技能」の対象9カ国のうち、今回はフィリピンから現地報告する。首都マニラでは4月13、14日、特定技能の対象14業種のうち介護の技能試験を他国に先駆けて実施。113人が受験した。

 なぜ、フィリピンが最初なのか。国際交流団体勤務のA氏は「国策として外国への労働者派遣を推進。近隣諸国よりも制度が整っており、日本政府の声にすぐ応えられたのでは」と説明する。

 事実、人口の約1割の約1000万人が海外で働き、母国への送金総額はGDPの約1割を占める。国家が「送り出し機関」の役割を担っているため、迅速な対応も不思議ではない。

 それではなぜ、介護試験なのか。海外への出稼ぎ先はサービス業が多い。2006年9月の日比EPA締結以降、日本はフィリピンから看護師・介護福祉士候補者を受け入れてきた実績もある。17年9月末までに来日した介護福祉候補は累計で1400人に上る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る