71年に夫と失踪 園田トシ子さんは「イ・スンオク」と名乗る

公開日: 更新日:

【ケース①】鹿児島・園田一さん(53)トシ子さん(43)

 1971年12月30日。養鶏業者の園田一さん(失踪当時53)、トシ子さん(同43)夫妻は大阪から帰省する次女を出迎えるため、鹿児島県曽於郡の自宅から宮崎空港に向かう途中、失踪した。

 一さんは戦前、中国(台湾)の日本領事館で警察業務に携わっていた。特攻隊の出撃拠点だった知覧基地や鹿屋基地などが自宅から近く、その情報を入手するために北朝鮮が拉致した可能性が高い。

 06年ごろの情報ではトシ子さんが「イ・スンオク」と名乗り、北東部の咸鏡北道セビョル郡河面の労働者区域に80年代から住んでいた。教育目的の収容所で知り合った工作員と結婚。各地を転々とした形跡がある。一さんは拉致工作中に犠牲になったという。

 セビョル郡出身のK氏(61)によると、トシ子さんを目撃したのは87年から92年ごろ。当時セビョル郡に住む日本人はトシ子さん一人だったという。以下はK氏の証言だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る