71年に夫と失踪 園田トシ子さんは「イ・スンオク」と名乗る

公開日: 更新日:

【ケース①】鹿児島・園田一さん(53)トシ子さん(43)

 1971年12月30日。養鶏業者の園田一さん(失踪当時53)、トシ子さん(同43)夫妻は大阪から帰省する次女を出迎えるため、鹿児島県曽於郡の自宅から宮崎空港に向かう途中、失踪した。

 一さんは戦前、中国(台湾)の日本領事館で警察業務に携わっていた。特攻隊の出撃拠点だった知覧基地や鹿屋基地などが自宅から近く、その情報を入手するために北朝鮮が拉致した可能性が高い。

 06年ごろの情報ではトシ子さんが「イ・スンオク」と名乗り、北東部の咸鏡北道セビョル郡河面の労働者区域に80年代から住んでいた。教育目的の収容所で知り合った工作員と結婚。各地を転々とした形跡がある。一さんは拉致工作中に犠牲になったという。

 セビョル郡出身のK氏(61)によると、トシ子さんを目撃したのは87年から92年ごろ。当時セビョル郡に住む日本人はトシ子さん一人だったという。以下はK氏の証言だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る