相澤冬樹
著者のコラム一覧
相澤冬樹大阪日々新聞・元NHK記者

大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。1962年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。1987年NHKに記者職で入局。東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを経て現職。著書『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋)がベストセラーとなった。

検事vs弁護士バトル加速 籠池氏は府職員の“記憶力”に皮肉

公開日: 更新日:

 籠池夫妻の法廷劇場、この日も熱いバトルが展開した。

 2日の法廷は森友学園が運営する幼稚園への補助金に審理が移った。証人は補助金を担当する大阪府私学課の職員だ。一連の問題が発覚して間もないおととし3月。大阪府が学園に立ち入り調査した際、この職員も加わっていた。その現場に、籠池泰典元理事長の弁護人の水谷恭史弁護士も立ち会っていた。

「背表紙に『刑事告訴』と書かれたファイルを持った職員が立ち入り調査に加わっていました。同じ頃、松井大阪府知事(当時)が刑事告訴の可能性について発言しています」

 刑事告訴ありきだったのではないかという指摘に、職員は私は知らないという答えに終始した。

 次いで水谷弁護士は、森友学園以外にも同じように補助金の返還を求められた学校法人が複数あり、中には自宅の家電の購入など補助金を私的流用していたところもあると指摘し、刑事告訴の有無をただした。職員は、告訴は森友だけと認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る