相澤冬樹
著者のコラム一覧
相澤冬樹大阪日々新聞・元NHK記者

大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。1962年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。1987年NHKに記者職で入局。東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを経て現職。著書『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋)がベストセラーとなった。

元担当者が新証言 補助金申請規定違反を籠池夫妻に告げず

公開日: 更新日:

 森友学園の籠池前理事長夫妻の補助金詐欺の裁判で、またも驚きの証言が飛び出した。設計会社が、国の補助金の対象にならないと知りながら申請を行った。しかもそれを、籠池夫妻には「伏せておこう」と言って、伝えなかったというのだ。補助金詐欺の構図を揺るがす新証言だが、翌朝の朝日新聞が報じた内容はまるで違った。

 5日に行われた籠池夫妻の5回目の公判。証言に立ったのは、森友学園が開校をめざした小学校の設計会社の元担当者だ。検察に続き弁護側は、補助金申請の経緯を追及した。

 小学校の建設にあたり森友学園は国土交通省に補助金を申請。その実務は設計会社が行った。この補助金は、建物の実施設計に着手した後は対象にならない規定になっていた。

 ところが設計会社の元担当者は経営者と相談した結果、実際にはすでに実施設計を行っていたのに、まだ行っていないように装って申請をしたというのだ。しかもそのことについて経営者は「籠池夫妻には伏せておこう。後ろ向きの話は夫妻にはするな」と言ったというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る