相澤冬樹
著者のコラム一覧
相澤冬樹大阪日々新聞・元NHK記者

大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。1962年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。1987年NHKに記者職で入局。東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを経て現職。著書『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋)がベストセラーとなった。

元担当者が新証言 補助金申請規定違反を籠池夫妻に告げず

公開日: 更新日:

 森友学園の籠池前理事長夫妻の補助金詐欺の裁判で、またも驚きの証言が飛び出した。設計会社が、国の補助金の対象にならないと知りながら申請を行った。しかもそれを、籠池夫妻には「伏せておこう」と言って、伝えなかったというのだ。補助金詐欺の構図を揺るがす新証言だが、翌朝の朝日新聞が報じた内容はまるで違った。

 5日に行われた籠池夫妻の5回目の公判。証言に立ったのは、森友学園が開校をめざした小学校の設計会社の元担当者だ。検察に続き弁護側は、補助金申請の経緯を追及した。

 小学校の建設にあたり森友学園は国土交通省に補助金を申請。その実務は設計会社が行った。この補助金は、建物の実施設計に着手した後は対象にならない規定になっていた。

 ところが設計会社の元担当者は経営者と相談した結果、実際にはすでに実施設計を行っていたのに、まだ行っていないように装って申請をしたというのだ。しかもそのことについて経営者は「籠池夫妻には伏せておこう。後ろ向きの話は夫妻にはするな」と言ったというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る