籠池氏と互いに“役者” 取り調べの元特捜検事と因縁の対決

公開日: 更新日:

 ドラマはキャラが立っていないと面白くないという。とすると籠池夫妻の裁判は、夫妻はもちろん検事も弁護士も実にキャラが立っている。

 例えば主任検事。2回目の公判で森友学園の籠池泰典前理事長から満面の笑みで笑いかけられると、腕組みをしたままニヤッと笑い返した。2人は旧知の間柄なのだ。

 だって主任の堀木博司検事は、籠池夫妻の自宅をガサ入れし、逮捕から約40日間取り調べた元特捜検事だ。4月の人事で公判部の特別公判(重要裁判を担当)に異動し、籠池裁判を2回目から担当することになった。一説には大阪地検トップの北川健太郎検事正の意向が働いたという。


■主役だけでなく検事、弁護士もキャラ立ち

 籠池氏の取り調べに当たったのは特捜のエース検事の証し。その投入は検察がいかにこの公判に力を入れているかを示す。顔つきも体格も取り調べもコワモテで知られるが、籠池氏はニヤッと笑い、「堀木さんは結局、私をよう落とさなかった(供述させられなかった)からねえ」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  7. 7

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

  10. 10

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る