【北海道】前道知事が独走 3議席目は自民と共産で大接戦

公開日: 更新日:

【北海道】(改選数3)

○○高橋はるみ65自新
△△岩本 剛人54自新
○○勝部 賢志59立新
▲ 原谷 那美35国新
 ▲畠山 和也47共新

 自民の伊達忠一と、野党の小川勝也(無所属)のベテラン現職2人が引退。新人だけの戦いになった。前回2016年から改選定数が2から3になっている。

 今年4月の知事選では自公候補が63%の得票で、野党統一候補の37%を圧倒した。順当にいけば、自民2、野党1だが、どっちに転ぶか分からない大激戦になっている。

 自民党からは「前回16年の二の舞いになるんじゃないか」と危惧の声が聞こえる。3年前、自民・長谷川岳が2位徳永エリ(民進)に9万票差をつけトップ当選。長谷川に自民支持票が集中してしまったため、自民2人目の柿木克弘は約8000票差の次点で落選。民進に2議席を奪われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る