長谷川学
著者のコラム一覧
長谷川学ジャーナリスト

1956年、兵庫県生まれ。早大教育学部卒。週刊誌記者を経て独立。近著に「成年後見制度の闇」(飛鳥新社刊・宮内康二氏との共著)がある。

身内の前で…資産家の障害者を「ペットだ」とけなし笑う

公開日: 更新日:

 前回まで弁護士や司法書士などの職業後見人によって認知症高齢者とその家族が食い物にされている実態を告発してきたが、成年後見制度の最大の被害者は、実は知的・精神障害者とその家族と言っていい。

「認知症高齢者に比べ、障害者は余命が長い分、亡くなるまでずっと後見人に食い物にされます」(一般社団法人「後見の杜」の宮内康二代表)

 東京在住の中山俊彦さん(64=仮名、以下同)の悲劇を紹介する。彼は資産家の一人っ子で、ダウン症の障害がある。両親の死後、叔父の香川康夫さん(75)が後見人に就任。俊彦さんの財産管理と身上監護(医療・介護の代理契約など)を行ってきた。香川さんの長女の真由子さん(45)はこう話す。

「俊彦は3年前に香川家で暮らすようになり、うちの両親を“父ちゃん、母ちゃん”と呼んで実の親のように慕っています。両親も我が子のように可愛がってきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る