長谷川学
著者のコラム一覧
長谷川学ジャーナリスト

1956年、兵庫県生まれ。早大教育学部卒。週刊誌記者を経て独立。近著に「成年後見制度の闇」(飛鳥新社刊・宮内康二氏との共著)がある。

8年半も何もせず…それでも母から報酬360万円を奪い取る

公開日: 更新日:

「昨年暮れに母が亡くなるまでの8年半の間、後見人が母と会ったのは就任時の1回こっきり。母がケガをしても一度も様子を見に来ず、それでいて母から総額約360万円も報酬を取ったのです」

 東京都に住む田崎昭氏(59=仮名)が憤る。

 昭氏の母、礼子さん(享年86=同)は14年前に静岡県の自宅で脳梗塞を起こした。言葉を話せず、左半身に麻痺が残った。脳血管性の認知症も発症した。1年後、礼子さんは静岡県内の特別養護施設に入所し、そこで亡くなった。

 後見人が就いた経緯を昭氏が説明する。

「施設入所後に調べたら、実家にあるはずの母名義の数種類の通帳、印鑑などが見当たらない。兄に聞くと持ち出して使ったことを認めたが、返そうとしない。これでは特養の費用も払えなくなる。それで静岡の家庭裁判所に『私が母の後見人になり、母の財産を管理したい』と申し立てました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る