相澤冬樹
著者のコラム一覧
相澤冬樹大阪日々新聞・元NHK記者

大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。1962年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。1987年NHKに記者職で入局。東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを経て現職。著書『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋)がベストセラーとなった。

長女の陳述に「かわいそうな思いさせた」と諄子夫人が号泣

公開日: 更新日:

 諄子さんが法廷で声を震わせハンカチで顔を覆って号泣した!

 12日の証人は籠池町浪さん。夫妻の長女で、泰典さんの後を継ぎ森友学園の理事長を務めている。保釈の条件で、夫妻は町浪さんと会うことができない。堀木博司検事が町浪さんを尋問している頃から諄子さんの目は潤んでいた。

 検察と弁護側の尋問が終わったところで裁判官が「あなたのお父さま、お母さまにどういう気持ちでいらっしゃいますか?」と尋ねた。しばらく沈黙していた町浪さん。思い切ったように語り始めた。

「数々の書類を(検察で)見せていただいて、いけないことをしてるなというのもありました。私は(学園を)引き継いで、必死で着々と立て直しております。子どもたち、先生方、保護者の方のことを考えた上で、これからも森友学園、塚本幼稚園として頑張っていきたいと思っております。私は前園長(籠池泰典さん)が幼児教育に真剣であったのを見てまいりました。子どもたちに我が子のように接していたのを一教員として見てきました。このことに関しては今も敬意は持っております。敬意を表しながら、新たに私自身がまとめる園としてやっていこうと思ってます。以上です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  8. 8

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る