伊藤博敏
著者のコラム一覧
伊藤博敏ジャーナリスト

龍角散「セクハラ・不当解雇」訴訟 第三者証言は出るのか

公開日: 更新日:

 売上高204億円という事業規模以上の知名度と存在感を誇る製薬会社の龍角散で、「セクハラ被害をデッチ上げた」として解雇された元法務部長の福田京子さん(仮名)が、東京地裁に訴えた「地位確認等請求事件」は、その後の弁論などで争点が絞られると同時に、問題点も浮上している。

 今年6月6日、厚生労働省記者クラブで開かれた記者会見は衝撃的だった。昨年12月6日、会社の忘年会に参加した藤井隆太社長が、「君の首筋を見るとゾクゾクする」といったセクハラ発言を繰り返し、何度も抱きつくなどしたので、その行為を見とがめた京子さんの姉で執行役員商品開発本部長の貴子さん(同)が法務部の管轄だからと京子さんに伝えたところ、「被害者の真島礼子さん(同)に話を聞こう」ということになり、総務・人事部門に話をし、人事課長と一緒にヒアリングを実施。だが、巻き返しに出た藤井社長は、真島さんと話をし、「被害はなかった」ことにして京子さんを責め、同12月17日、自宅待機を命じた。また姉の貴子さんは、降格の上、今年1月1日付で千葉工場に左遷。逆に業務委託の真島さんは、同1月21日付で正社員となった。自宅待機の京子さんは、同3月28日付で解雇されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る