TBS報道局にセクハラ騒動 次期編集主幹の内示が突如中止

公開日: 更新日:

 かつての「報道のTBS」が参院選の最中に大揺れだ。TBSは1日付で大規模な人事異動を実施。報道局の中枢を担う「編集主幹」も交代する予定だったが、唐突に中止となった。就任予定の人物のセクハラが発覚したためというから、穏やかではない。

「今年5月ごろ、社内で働く女性スタッフと共に深夜、酒を飲みに行った揚げ句、帰り際に、少なくとも嫌がる女性の体を無理やり触ったそうです」(TBS報道局員)

 問題の人物は50代で、「報道特集」や「NEWS23」など看板番組のプロデューサーを歴任。6月初旬には次期編集主幹の内示も終わっていたが、セクハラ行為が会社側に知られることとなり、昇進はフイに。1日付で報道局から経営企画局に異動となり、本人は憔悴しきっているという。

「報道局の『編集主幹』は政治・経済ニュースの他、事件・事故・災害の報道対応とその取材の方向性、さらに局内のコンプライアンスをも担う重職です。その職に就こうとする人物のセクハラ行為は言語道断ですが、彼はそもそも酒癖が悪く、これまでもトラブルを起こしてきた。『編集主幹をやらせて大丈夫か』との声もあったのを知ってか知らずか、要職を内示した報道局幹部らの責任は極めて重い」(TBS報道局員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る