TBS報道局にセクハラ騒動 次期編集主幹の内示が突如中止

公開日: 更新日:

 かつての「報道のTBS」が参院選の最中に大揺れだ。TBSは1日付で大規模な人事異動を実施。報道局の中枢を担う「編集主幹」も交代する予定だったが、唐突に中止となった。就任予定の人物のセクハラが発覚したためというから、穏やかではない。

「今年5月ごろ、社内で働く女性スタッフと共に深夜、酒を飲みに行った揚げ句、帰り際に、少なくとも嫌がる女性の体を無理やり触ったそうです」(TBS報道局員)

 問題の人物は50代で、「報道特集」や「NEWS23」など看板番組のプロデューサーを歴任。6月初旬には次期編集主幹の内示も終わっていたが、セクハラ行為が会社側に知られることとなり、昇進はフイに。1日付で報道局から経営企画局に異動となり、本人は憔悴しきっているという。

「報道局の『編集主幹』は政治・経済ニュースの他、事件・事故・災害の報道対応とその取材の方向性、さらに局内のコンプライアンスをも担う重職です。その職に就こうとする人物のセクハラ行為は言語道断ですが、彼はそもそも酒癖が悪く、これまでもトラブルを起こしてきた。『編集主幹をやらせて大丈夫か』との声もあったのを知ってか知らずか、要職を内示した報道局幹部らの責任は極めて重い」(TBS報道局員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い