姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

ひめだ・こなつ 上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。中国、アジアを現地取材、日本でも各地を回りインバウンドがもたらす変化を追う。著書に「インバウンドの罠」(時事通信出版局)他。「ダイヤモンド・オンライン」などでコラムを連載中。アジア・ビズ・フォーラム主宰。

ドンは江沢民 習政権を阻む「上海閥」の抵抗と強い影響力

公開日: 更新日:

 習近平政権は、抵抗を弱めない香港市民に手を焼いている。4カ月にもわたり、中国という国家権力に対し、昂然と立ち向かう香港市民だが、これも翻せば中央のコントロールが利かなくなっているからだといえる。日本在住で中国上層部ともコネクションを持つ大陸華人・張虎鳴さん(仮名)は次のように語る。

「香港がこんな悲惨な状況であるにもかかわらず、習政権はいまだ何のメッセージも発していません。それは、22年前の返還当初から、香港に強い影響力を持ち続ける大陸の勢力が存在するからだといわれています」

 香港は、戦後に上海から多くの富裕層が逃げ込んできたという歴史があり、一部では「上海閥の牙城」ともいわれてきた。

 その香港が中国に返還されたのは江沢民政権(1993~2003年)下の97年7月1日のことだった。特別行政府初代長官に就任した董建華は上海生まれ。また、胡錦涛政権(03~13年)時に国家副主席を務めた曽慶紅は、江の右腕として頭角を現し、返還当初から香港で絶大な影響力を持っていた。ちなみに、曽慶紅の父・曽山は解放後の1949年に上海市副市長に就任している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る