姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

ひめだ・こなつ 上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。中国、アジアを現地取材、日本でも各地を回りインバウンドがもたらす変化を追う。著書に「インバウンドの罠」(時事通信出版局)他。「ダイヤモンド・オンライン」などでコラムを連載中。アジア・ビズ・フォーラム主宰。

国慶節の式典を中座した江沢民の「無言のメッセージ」

公開日: 更新日:

 建国70年の節目に立つ中国だが、習近平政権の基盤は固まり切っていないのか。10月1日に行われた祝賀式典は、さまざまなシグナルを露呈した。長期化する香港の抗議デモも、「実は権力の完全掌握には至っていないためだ」という臆測も広がっている。

 北京の天安門で開催された祝賀式典を、世界中の華僑華人たちが固唾をのんで見守っていた。ひな壇には習近平国家主席をはじめとする指導陣が並んだが、そこに元首相(国務院総理)の朱鎔基(90)の姿はなかった。習主席の左隣には、今年93歳の元国家主席・江沢民が並んだが、閲兵式途中の午前11時すぎから30分間、突如この場から姿を消した。

 この事態は在外華僑の間で物議を醸した。日本在住で中国上層部ともコネクションを持つ大陸華人・張虎鳴さん(仮名)はこう語る。

「式典中の退席は、中国ではあり得ない行為だけに誰もが驚いたはずです。ましてや習主席の威信をかけた70周年の一大行事の最中。これは、江氏が『自分は習近平より上なのだ』という無言のメッセージを、世界に意図的に示したと解釈できるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る