小川善照
著者のコラム一覧
小川善照ジャーナリスト

1969年、佐賀県生まれ。東洋大学大学院修了、社会学修士。週刊誌記者として事件取材などを担当。2008年に「我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人」で小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。14年の雨傘運動以降、香港問題に関心を寄せている。

雨傘の女神が語る「軍で学生を制圧して困るのは中国自身」

公開日: 更新日:

「今まで、ガスマスクなんてつけたことはなかったのに、7月に入ってから、もう何度もつけました」

 5年前の民主化要求デモ「雨傘運動」で“雨傘の女神”と呼ばれた、周庭(アグネス・チョウ)は嘆息した。

 8月5日のゼネストでは、香港島中心部の金鐘での集会の申請者だった。場所は7月1日にデモ隊が突入した立法会の隣にある公園だ。集会自体は警察の許可を得て平和裏に行われた。だが、夕方に入ると、警察は金鐘の大通りに広がったデモ隊に向け、政府機関の屋上などから催涙弾を大量発射した。

「こちらの公園にも催涙ガスが流れてきて、ガスマスクが必要でした」

 雨傘運動では、警官隊が市民にむけて催涙弾を大規模に使用すると、それに抗議する市民が続々と集まって、オキュパイが始まった。以降、当時の警察は催涙弾の使用を控えていたが、現在はこの日だけで800発もの催涙弾を発射した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  6. 6

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  9. 9

    マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

  10. 10

    滝クリに“日本のヒラリー”の異名 急浮上する政界進出説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る