小川善照
著者のコラム一覧
小川善照ジャーナリスト

1969年、佐賀県生まれ。東洋大学大学院修了、社会学修士。週刊誌記者として事件取材などを担当。2008年に「我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人」で小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。14年の雨傘運動以降、香港問題に関心を寄せている。

雨傘の女神が語る「軍で学生を制圧して困るのは中国自身」

公開日: 更新日:

「今まで、ガスマスクなんてつけたことはなかったのに、7月に入ってから、もう何度もつけました」

 5年前の民主化要求デモ「雨傘運動」で“雨傘の女神”と呼ばれた、周庭(アグネス・チョウ)は嘆息した。

 8月5日のゼネストでは、香港島中心部の金鐘での集会の申請者だった。場所は7月1日にデモ隊が突入した立法会の隣にある公園だ。集会自体は警察の許可を得て平和裏に行われた。だが、夕方に入ると、警察は金鐘の大通りに広がったデモ隊に向け、政府機関の屋上などから催涙弾を大量発射した。

「こちらの公園にも催涙ガスが流れてきて、ガスマスクが必要でした」

 雨傘運動では、警官隊が市民にむけて催涙弾を大規模に使用すると、それに抗議する市民が続々と集まって、オキュパイが始まった。以降、当時の警察は催涙弾の使用を控えていたが、現在はこの日だけで800発もの催涙弾を発射した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る