安倍首相風刺のウィーン芸術展 日本大使館が公認撤回

公開日: 更新日:

 公権力による表現活動への抑圧が国外に広がった。日本とオーストリア国交150年の記念事業として同国の首都ウィーンで日本の芸術家らの作品を展示していた「ジャパン・アンリミテッド」について、在オーストリア日本大使館が公認を取り消した。芸術展は9月下旬から始まり今月下旬で終了の予定。記念事業の公式ロゴが使えなくなるだけで芸術展は続いているが、開会から1カ月以上経っての撤回は異例だ。

 芸術展は日本での政治社会批判の自由と限界に焦点を当てている。放射線防護服に日の丸の形に浮かんだ血が流れ落ちるようなオブジェや、安倍首相に扮した人物が歴史問題をめぐり韓国や中国に謝罪する動画も展示されている。「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に参加していた美術集団も出展した。

 芸術展の学芸員は共同通信の取材に「欧州の感覚では無害だと思う。ポーランドやハンガリー同様、日本でも検閲が強まっているのを感じた」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る