安倍首相風刺のウィーン芸術展 日本大使館が公認撤回

公開日: 更新日:

 公権力による表現活動への抑圧が国外に広がった。日本とオーストリア国交150年の記念事業として同国の首都ウィーンで日本の芸術家らの作品を展示していた「ジャパン・アンリミテッド」について、在オーストリア日本大使館が公認を取り消した。芸術展は9月下旬から始まり今月下旬で終了の予定。記念事業の公式ロゴが使えなくなるだけで芸術展は続いているが、開会から1カ月以上経っての撤回は異例だ。

 芸術展は日本での政治社会批判の自由と限界に焦点を当てている。放射線防護服に日の丸の形に浮かんだ血が流れ落ちるようなオブジェや、安倍首相に扮した人物が歴史問題をめぐり韓国や中国に謝罪する動画も展示されている。「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に参加していた美術集団も出展した。

 芸術展の学芸員は共同通信の取材に「欧州の感覚では無害だと思う。ポーランドやハンガリー同様、日本でも検閲が強まっているのを感じた」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る