内閣支持率6ポイント減 桜の会招待「問題」65%=毎日調査

公開日: 更新日:

 内閣支持率がつるべ落としだ。毎日新聞の世論調査(先月30日、12月1日実施)で、前回10月調査から6ポイント減の42%に下落。不支持率は5ポイント増の35%だった。

 憲政史上最長の在職期間を記録中の安倍首相の仕事ぶりについて「大いに評価する」「ある程度評価する」が計60%、「あまり評価しない」「全く評価しない」は計31%。アベノミクスなどの景気浮揚効果については「良くなった」19%、「悪くなった」17%、「変わらない」54%だった。内閣改造後、重要閣僚2人が辞任。長期政権のおごりや緩みが「生じていると思う」が62%に上った。

「桜を見る会」に安倍の地元後援者が多数招待されていたことは「問題だと思う」が65%。野党議員が資料要求した日に内閣府が招待者名簿をシュレッダーで廃棄した問題については、政府の説明に「納得できない」が72%、反社会的勢力の招待経緯を政府が「明らかにすべきだ」は64%に達した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る